研修制度

片岡物産では、「成長意欲が高く、競争力ある人づくり、組織づくりを推進する」という人事制度のもと、
様々な教育プログラムを準備し、社員一人ひとりの成長をサポートしています。

教育体系図

教育体系図
※画像をクリックすると大きな画像で表示されます

研修制度

ビジネスプログラム
(階層別研修)
役割に応じた知識やスキルを身につけるため、階層別および職種別に集合研修や通信教育を行っています。ここでは特に新入社員から若手社員の方にかかわりのある制度についてご紹介します。
研修名 対象者 内容
新入社員導入研修 新入社員 各課業務説明、ビジネスマナー、コーヒー・紅茶教室、工場業務体験など
経理研修 2年目社員 通信教育 及び 財務分析について
ステップアップ研修 3・4年目社員 問題発見・解決手法、ロジカルシンキング
プロフェッショナル
社員養成研修
5・6年目社員 自己の強み・弱みや、周りからの期待役割、今後のキャリアプランについて
自己選択プログラム
社員自らが学び成長できる機会として、通信教育という形で、英語、MBAマネジメント、マーケティング、ビジネススキルなど様々なプログラムを準備しております。通信教育の講座を修了した場合、会社が費用の7割を負担します。

自己選択プログラム(例)
事業戦略コース、マーケティング戦略コース、ロジカルシンキング、企画&プレゼン・スキルアップ、知っておきたい会社の法律コース、キクタン英会話など
ビジネスプログラム
各課の業務に必要な高度な専門スキル・知識を習得するようなものは各部門ごとで外部公開研修に参加をしています。

専門プログラム(例)
マーケティング部門:マーケティングセミナー、 営業部門:紅茶特別研修会
品質管理部門:品質管理・表示セミナー、 人事部門:異業種交流研修
その他
そのほかにも様々な派遣制度や自己啓発プログラムを準備しております。
国際食品展示会への派遣、ヨーロッパ市場視察、南米市場視察、コーヒー鑑定士取得の為の海外派遣、社内英会話レッスン、外部公開セミナー紹介など
※海外派遣に関しては、必要に応じてのみ実施するものです。